ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 日本分析センターとは > 環境試料の放射能調査

環境試料の放射能調査

我が国における環境放射能の水準を把握するため、国は環境放射能調査を実施しています。
日本分析センターは、原子力規制庁等の委託を受け、分析専門機関として各種環境試料の放射能分析を行っています。
また、一般からの要望に応えて、環境試料の放射能分析や空間放射線量測定も受託しています。


原子力艦寄港に伴う放射能調査

原子力艦が寄港する横須賀港、佐世保港、金武中城港(沖縄)の各港において採取された海水、海底土、海産生物について、放射能分析を行っています。

  ○原子力艦出港時及び出港後調査
    ●海水、海底土のガンマ線ガンマ線スペクトロメトリー:60Co、65Zn、137Cs、144Ce

  ○定期調査(四半期ごと)
    ●海水、海底土、海産生物のガンマ線スペクトロメトリー:60Co、65Zn、137Cs、144Ce
    ●海底土の放射化学分析:60Co

また、定期調査においては、大気中放射性ヨウ素(131I)測定及び蛍光ガラス線量計による積算線量測定も行っています。
なお、原子力艦の寄港時においては、現地放射能調査班の調査員としてモニタリングに参加しています。

インターネットからこの調査に関する情報を見ることができます。 → 原子力艦放射能調査

海水の前処理
海水の前処理(リンモリブデン酸アンモニウムによる137Csの捕集)

海産物試料などの灰化処理用電気炉
海産生物試料などの灰化処理用電気炉

ゲルマニウム半導体検出器
ゲルマニウム半導体検出器

この他、各港のモニタリングポストの測定機器やサーベイメータなどの緊急用測定機材の稼働確認も行っています。

環境放射能水準調査

(1)環境試料等の放射能調査

全国47都道府県で採取された環境試料と食物試料について、ガンマ線放出核種測定、90Sr等の放射化学分析を行っています。

  ○分析試料
    ● 環境試料:大気浮遊じん、降下物、陸水、海水、土壌、海底土など
    ● 食物試料:米、野菜、牛乳、海産生物など

  ○分析・測定項目
    ● 全ベータ放射能
    ● ガンマ線スペクトロメトリー(40K、131I、137Csなど)
    ● 放射化学分析(3H、90Sr、238Pu、239+240Pu、241Am、242Cm、129I、14C)

Sr-90を分離精製するためのイオン交換樹脂カラム
90Srを分離精製するためのイオン交換樹脂カラム

低バックグラウンドベータ線測定装置
低バックグラウンドベータ線測定装置

左:降下物   右:牛乳

 全国の降下物中の90Sr平均濃度の経年変化(左)、全国の牛乳中の90Sr平均濃度の経年変化(右)

 また、環境試料や空間線量など、福島県下における環境放射能調査も行っています。

(2)大気中放射性希ガス濃度測定

原子力施設から環境中に放出されると考えられる主な放射性物質のうち、希ガスの85Kr、133Xeの調査を行い、測定をむつ分析科学研究所で実施しています。

Kr-85の前処理、精製及び測定装置    Xe-133の前処理、精製及び測定装置

85Krの前処理、精製及び測定装置(左)、 133Xeの前処理、精製及び測定装置(右)