ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 日本分析センターとは > 分析技術について

分析技術について


日本分析センターは、分析結果の信頼性を確保するために、国際的な相互比較分析プログラムに参加し分析技術の客観的な評価を受けるとともに、国際規格であるISO9001の認証並びにISO/IEC17025の認定を取得しています。


IAEAなどの国際相互比較分析プログラム等への参加

分析結果の信頼性を担保するためには、信頼できる国際機関との相互比較分析が重要です。 日本分析センターは、分析技術を客観的に評価するため、設立以来継続して、IAEAなどの国際機関が主催する 環境放射能分析の国際相互比較分析のプログラムに参加し、優れた成績を修めています。

IAEA-CU-2009-03相互比較分析結果(Seibersdorf,2009) 水試料(3試料)の放射性核種分析

IAEA-CU-2009-03相互比較分析結果(Seibersdorf,2009)
水試料(3試料)の放射性核種分析

IAEA-443 海水試料の相互比較分析結果

IAEA-443 海水試料の相互比較分析結果(Monaco, 2008)

国際標準化機構(ISO)の認証・認定の取得

品質方針:「私たちは、効率的な体制の下に、迅速に信頼できるサービスを提供します」 [PDFファイル/97KB]

ISO9001認証取得

品質マネジメントシステムを審査する規格であるISO9001の認証を、ISO9001logo
2000年6月に取得しました。

ISO/IEC17025認定取得

試験所の分析能力に関する規格であるISO/IEC17025の認定を、ISO17025logo
2002年6月に取得しました。

取得範囲

【1】環境試料の

  1. 放射性ストロンチウム分析
  2. ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー
  3. 放射性ヨウ素分析
  4. ICP-MSによるウラン分析
  5. 希ガス分析

  それぞれにおける試料採取を除く前処理、分析

ISO/IEC27001の認証取得

情報セキュリティマネジメントシステムを審査する規格であるISO/IEC 27001の認証を、2009年3月に取得しました。

ISMS基本方針 [PDFファイル/104KB]ISO27001logo

ISO14001認証取得

環境マネジメントシステムを審査する規格であるISO 14001の認証を、ISO14001
2010年1月に取得しました。

JCSS登録

 計量法に基づく校正事業者登録制度(JCSS)による校正事業者として、JCSSlogo
極微量の放射性核種を含むガンマ線スペクトロメトリーの校正用寒天、
模擬土壌について2010年3月に登録されました。
(区分:放射線・放射能・中性子)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)